博物館でのある夜:ルーブル、メロエ展(フランス5)

博物館でのある夜:ルーブル、メロエ展(フランス5)

メローは伝説的な国であるだけでなく、エジプト南部からに広がった認識されていない文明でもあります 第4 紀元前4世紀から紀元4世紀にかけてメロエ王国の名でピークに達したナイル川の白内障。彼が相続を主張したファラオのエジプトの影響を強く受けた メロエ王国 とりわけ、ピラミッド型の墓の素晴らしいセットを私たちに遺贈しました。そのうちのいくつかは、19世紀にまだ無傷であり、その内容を切望したヨーロッパの冒険家によって破壊されました。 9月6日まで、ルーブル美術館は、アフリカ、エジプト、ギリシャローマの影響が混ざり合うこの古代文明の威厳を示す200点の作品の展示をメローに捧げています...


また、4月8日(木)の番組「Un soiraumusée」では、この特別展の主な作品と、ドキュメンタリー「メロエ王国:砂の下の街、ムーヴァイス」を紹介する機会でもあります。 。ルーブル博物館のフランスの考古学者のチームがスーダンで、砂に埋もれたエジプト・アフリカの王立都市の遺跡を発見しました。以前考えられていたよりもはるかに多くの都市文明を証明する発見。 AT 200キロ カルトゥームの北、ナイル川のほとりに張り付いた、肥沃な土地の帯が砂漠に囲まれています。 2000年前はここメロエ王国の都市の1つでした。

2010年3月29日から9月6日までのメロエ展、ルーブル美術館、リシュリューウィング。

博物館でのある夜:ルーブル、メロエ展、4月8日木曜日午後9時35分フランス5。


ビデオ: パリ12区19世紀の輝きと現在パレロワイヤルとパッサージュ裏道散歩 パリ在住フランス政府公認ガイド中村じゅんじと歩くパリ散歩